幼児期(1才~6才)の運動発達で重要なこと

幼児期の神経の発達は“6歳ごろまでに大人の約90%まで”に達します。この時期に様々な動きを経験することで神経が育ち、多くの神経回路が形成されます。神経系は一度、その経路が出来上がると簡単には消えません。自転車に乗れるようになると何年間、乗らなくてもスムーズに乗ることができることからも分かります。



「スキャモンの発達・発育曲線」

神経型が上述した成長曲線に当たります。

一般型が臓器や筋肉、骨の成長になります。


この時期に多様な動きの獲得は、日常生活での動き・防衛反応・将来的にスポーツに結びつく動きなどを獲得する上で、とても重要です。

チャレンジキッズでは、巧技台や様々な道具を使いながら“遊び”を通して多様な動きの獲得を目指しています。




閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示