0F0A3297_edited.jpg

kicky Inc.

会社概要

■会社名:株式会社kicky (英語名 kicky Inc.)

■資本金:100万円

■本社所在地:千葉県船橋市本町7-12-8 船橋プラノービル2F

■代表者:代表取締役 岸本祐輔

■事業内容:

  • 幼児に特化したキッズスクール運営

  • キッズの身体評価、機能訓練プログラムの開発・提供

  • フィットネススタジオ運営

  • 指導者養成スクールの運営​

事業背景

当社の課題認識と提供したい価値

①多様なライフスタイルによる身体や精神面への影響の解決

現在の子供たちを取り巻く環境変化が、身体活動や精神面での成長に大きな影響を与えている可能性

  • 移動が便利・楽になり、身体を動かす機会が少なくなった

  • 送り迎えなど、移動による運動量の減少

  • 少子化や習い事で忙しい友達が増えることによる、大人数での外遊びの減少

  • 商業施設や住宅などの環境開発により、気軽に遊べる公園の減少

  • ボール遊びの禁止や遊具の制限などが、遊びや身体活動の幅を狭めている

  • 地域に少年団などスポーツを教えてくれるコーチの減少や指導方法の変化

  • 娯楽施設が増え、ウィンタースポーツ・アウトドアなどに出かける家族の減少(ご両親の経験による)

  • ゲームなどのエンタメが充実し、一人遊びが定着

②親御さんの理解認識と相談相手・場所の提供

身近に知識・経験がある相談相手がいないことから親御さんの課題認識が薄く、「症状が出る」ことがアクションの起因となっているケースが多い可能性

  • 子供は成長に応じて記録が伸びたりするので(遠くに投げられるようになる、走るのが早くなっていく、身長が伸びるなど)、勘違いが生まれやすく、危機感や問題意識を持ちにくい時期

  • 産後の病院による定期健診は、手厚いところでも6か月後までとなり、以後専門家による機能的な診断は行われない現状があり、親御さんの課題認識が生まれにくい構造となっている