0F0A3462.jpg

​すべての子供たちの

「できる」をサポート

Welcome to kicky Inc. official

kickyキッズスクールとは

子供幼少期に特化したサービスをする理由

公園の減少、ボール遊びの禁止、ゲームなどのエンタメの充実など、子供たちのライフスタイルや環境が変化しています。子供たちの姿勢悪化や腰痛、集中力の減少につながったりしている要因は、普段の運動にも関係しているのではと考えております。

ついつい、成長とともに普段では見過ごしがちな発育発達のポイントを見える形で評価し、今後の遊びながらできる機能訓練につなげていくことが、子供たちの「やりたい」「できる」などの可能性を育てると信じ「kicky」を立ち上げました。
本来、乳幼児期に獲得すべき能力が正しいプロセスを通ってきたかなど、WHO推奨している7つの動作に分け、簡単な基礎運動でわかるようにプログラムを設計。

キッズスクールの「チャレンジキッズ」では、身体を正しく動かしながら腹筋や足の裏を使う動作を取り入れたスクールになっており、「自然の中で思う存分汗をかいて遊ぶ」ことを疑似体験できます。

こんな方は他をお探しください!

競技の運動能力向上だけを目的とした教室をお探しの方は他をお探しください!

​kickyチャレンジキッズは、運動能力向上に加え、現状の発育発達を正しく評価し、社会性を取り入れたプログラムとなります。お子様の足りていない部分をプラスマイナス0へ改善し、お子様の選択肢を増やすためのプログラムをご提供するスクールです。

自然遊びから学ぶ、
​カラダ・アタマ・ココロを鍛える
独自プログラム

身体的発達と社会心理学的発達を目標としたkickyオリジナルプログラム
​3つのポイントが特徴

 

スクリーンショット 2021-09-23 9.21.36.png

運動発達・向上性
​を鍛える

image_50736129.JPG

バランス力・空間認知

​を鍛える

image_50445057.JPG

想像・発想力・協調性

​を鍛える

LINE_ALBUM_kicky写真集_220420_16.png

カラダを鍛える
「木登りや」「高いところを渡る」「不整地を走る」など自然の遊びで身につく能力を、遊びを通して刺激、開花させていきます。

幼児期運動指針(文部科学省)の運動神経が良くなる36の動作をベースに、リレーやケンケンなどの移動系に加え、平均台を使ったバランス系、ボールキャッチ、的あてなどの操作系を取り入れたプログラム

アセット 3_3x.png
 
LINE_ALBUM_kicky写真集_220420_16.png

足の裏と体幹をしっかり使うプログラムで、脳を刺激します。

スキャモンの成長曲線が提唱するように、幼少期のうちに神経系の9割は完成するので、このタイミングで刺激を入れます。

アセット 3_3x.png

アタマを鍛える
「木の上を渡る」「岩の上を走る」「森の木の中を走る」など、空間認知と競争を組み合わせることで、必要な感覚を開花させていきます。

LINE_ALBUM_kicky写真集_220420_16.png

自立心、社会性、向上心と、社会心理的発達目標を設定しています。
​協力して挑戦する、チームで対戦する、コースを自分で作るなど想像力やクリエイティビティを刺激するプログラム。

ココロを鍛える
「基地を作る」「思い岩を運ぶ」など、仲間と協力して何かをやり遂げる経験を養います。

アセット 3_3x.png
 
 

「巧技台」を活用し
足の裏と体幹を活動させる仕掛け

LINE_ALBUM_NEW 巧技台_220813_3.jpg

<オオニシ体育の巧技台を活用>

①ウッド素材で足の裏のアーチにフィット
・内在筋の刺激による​偏平足防止に


②組み合わせが自由自在!子供の想像力にこたえる仕掛け
・自由にコースを組み合わせ、想像力やクリエイティビティを刺激

スクールの特長

幼少期の​発達・発育スペシャリスト集団

​医療関係者やトレーナーなど、多彩なメンバーで作るここにしかないプログラム。自然遊びを室内で再現し、現代に足りていない不整地で遊ぶ感覚を取り戻します

3か月で効果実感

3か月程度で変化が現れるお子様も。集中力などの精神面、運動能力の身体面、自律心などの社会性の変化を感じてください。

​定期的な身体評価

WHO提唱の7つの動作を徹底的に磨き、定期的なレポート提出

​発達発育で躓きやすいポイントを早期発見

共に子育てするパートナースクールに

子供の悩みは尽きないもの。ついつい相談できず抱え込んでしまうケースも多数見てきました。

​そんな親御さんの悩みも同時に解消できる場に

0F0A3649-2.jpg

キッズスクール一覧

自然の中で思いっきり遊ぶ体験をスタジオで!

kickyが運営する「チャレンジキッズ」は、全身を使った運動体験を子供たちに提供します。発達・発育過程で必要な能力や動きを7つに分類し、評価しながらともに成長していくキッズスクールとなります。

会費について

10,000yen

入会金

10,000yen

月会費

月会費制のキッズスクールとなります。入会時には、入会金+2か月分の月謝を先に頂きます。

​月4回のクラス開催と定期的なレポート提供、発育発達の相談などが会費に含まれております。

スクリーンショット 2021-09-23 9.21.36.png

​チャレンジキッズ 幼児クラス

【募集中】海浜幕張クラス

①木曜日クラス:16:00〜17:00 ※残り3名募集

②土曜日クラス:16:00〜17:00

3歳からのキッズスクールとなります。

​※体験会参加は下のイベントページから予約ください。

スクールの体験イベント

  • 【3歳からOK】チャレンジキッズ体験会
    10月30日 13:00
    千葉市, 日本、〒261-0013 千葉県千葉市美浜区打瀬1丁目2−1 幕張ベイタウンプラザ 3F ​
    【毎週木曜日 ・土曜日 16:00~】開催のチャレンジキッズのクラスの体験参加となります。1時間インストラクターとジャンプしたり、ダッシュしたり、バランスを取ったり、全身をフルに使った遊びで過ごします。 対象は3歳から6歳までのキッズとなります。
  • 3歳からの幼児クラス!キッズの全身運動 体験会@参加予約フォーム  (1)
    複数の日付
    12月15日(木)
    nicofit海浜幕張ベイタウンスタジオ
    12月15日 16:00 – 17:00
    nicofit海浜幕張ベイタウンスタジオ, 日本、〒261-0013 千葉県千葉市美浜区打瀬1丁目2−1 幕張ベイタウンプラザ 3F ​
    【毎週木曜日 16:00~/17:15~】【毎週土曜日16:00~】開催のチャレンジキッズのクラスの体験参加となります。1時間インストラクターとジャンプしたり、ダッシュしたり、バランスを取ったり、全身をフルに使った遊びで過ごします。 対象は3歳から6歳までのキッズとなります。

入会方法について

 

①体験クラスへ参加ください

1度のみ1000円にて参加いただけますので、お好きなクラスを予約ください。

②入会について

入会は、専用WEBより必要事項を記入の上、初期費用として先に2か月分の会費を頂きます。

カードか、コンビニでの決済が可能となりますので、システム上で選択ください。

③会員LINEへのご登録
クラスの諸連絡や発達発育相談などは専用LINEで行いますので、ご登録ください。

0F0A6906_edited_edited.jpg

お問い合わせ

​本事業に関する事、提携のご相談、取材については下記フォームよりご連絡ください。

534613_edited.jpg

team kicky

​メンバー紹介

2021年に創立したkicky Inc.は、それぞれがスポーツや施術、医療の分野で得た学びをベースに、子供たちが取り巻く環境の変化に対応した事業を展開していきます。
個性豊かなメンバー4人で未来ある子供たちへの影響の輪を広げていきます。

​※左から清家、山中、後藤、岸本

清家 慎

取締役

ドイツでプレーしていたサッカー選手。引退後、理学療法士/国際認定シュロスセラピスト(側弯症専門運動療法士)として、整形外科クリニックにて約10年勤務・変形性膝関節症・腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症など・40肩・50肩・膝や股関節の手術後(人工関節)・スポーツ選手の怪我や手術後などを専門とし、現在は自ら整体院を開業、RIZINに出場のMMA格闘家の専属トレーナーなどの活動を行う

山中 良裕

取締役

船橋最大級の治療院施設の経営者。
「ほねつぎの名門名倉整形外科」等を経て21年の臨床経験を持つ。自院では外傷対応から運動指導まで担い、エコー観察/足部矯正具の臨床活用を実践。医療機関やPT、研究機関とのネットワークにより幅広い知見を持つ。また、整形外科グループやあしか協会などの講師を務めるなど活動の幅は日本全国(セミナーを開催すれば1000名単位での集客)に広がる

後藤 充

取締役

千葉県内クリニックのリハビリテーション科科長。
OPE後のリハビリや小児から高齢者の急性・慢性疾患・スポーツ障害まで幅広く治療を行っており、「障害をゼロにする」ことをテーマに日々の臨床の中で、痛みの原因は何かを考え21年の臨床で常に進化し続けている。また、個人では講演活動やプロスポーツ選手・プロを目指すジュニア選手・などの治療やコンディショニング管理も行っている

岸本 祐輔

代表

元アメリカンフットボール選手。 引退後は選手時代のトレーニングをベースに、 ヨガスタジオやパーソナルトレーニングなどのフィットネス分野で起業、 現在は顧客コミュニケーションをベースに症状改善に特化した2つのスタジオを経営。 キッズスクール事業や飲食事業などを展開中